このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




 
 
インプラント治療は、歯を失った部分に対する治療法の一つで、天然歯とほとんど変わらないかみ心地や美しい外観を取り戻すことができる治療法です。

歯のない部分の骨に、チタン製の人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工歯を作ります。
もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、健康な歯とほとんど変わらないさまざまな快適さを取り戻すことができます。

従来であれば、虫歯や歯周病、負傷などによって失われた歯は、「入れ歯」「ブリッジ」などの治療がありましたが、違和感や他の健康な歯への悪影響(部分入れ歯やブリッジは、他の歯を削らなければいけません)、見た目の美しさに欠けるなどといった問題も同時に発生していました。

これらの問題を解決できる治療法が「インプラント治療」なのです。ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、天然歯と同じかみ心地を得られるという大きなメリットがあります。

また、従来であれば総入れ歯にしなければならなかった状態でも、条件次第ではインプラントを複数本埋め込むことで、固定式の歯を作る事が可能です。










Simplant(シムプラント)を用いると、歯科医師はインプラント治療をする前に、3Dデータを用いて様々な角度から”バーチャル手術”を行うことができ、手術中に起こりえる様々な危険性を回避することができます。
また、手術中にSurgiGuide(サージガイド)というガイド用テンプレートを使用して、インプラントを治療計画通りの位置に埋入することができるので、さらに安全性を高めます。




歯医者さんではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なもので、見たい位置の画像を撮影しなければなりません。
X線撮影をした画像は、歯の様子を見たり虫歯を治療をするためにはとても役に立ちますが、インプラントの治療においては、あごの骨の厚さや形を調べることが重要です。
当クリニックでは患者さんにとって最も良いインプラント治療を提供するために、提携病院において、最新のCTでの撮影をお願いしています。
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経、動脈の位置など様々な情報を得ることが出来ます

CTで撮影した画像は、Simplant(シムプラント)に取り込まれ、3D画像化し、治療計画に役立てます。
安全で無理のない治療計画を立てることは、インプラント治療を成功するために最も大切なことなのです。







アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療機器メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。
アストラテック株式会社はこちら




インプラントを長期的に良好な状態で機能させるためには、インプラントを施した部分のかぶせ物を毎日しっかりと掃除することがポイントとなります。
やわらかめの歯ブラシを使い、天然歯と同じように、かぶせ物と歯肉の境目をよくブラッシングして下さい。
インプラントは歯肉と調和性があり、骨に結合する純チタンを使用していますが、インプラントは天然歯のような防御機構がありませんから、メインテナンスを怠ると天然歯と同様にインプラント周囲の骨が吸収し、化膿してきます。最悪の場合はインプラントを撤去しなければいけなくなる事もあります。
ですから、インプラントによって生まれ変わった新しい歯は、毎日の家庭でのケアと同時に、歯科医師・歯科衛生士による定期的なケアを受ける必要があります。




トップページ クリニック案内 治療案内 院長あいさつ スタッフ紹介 メインテナンス 求人募集 お問い合わせ
虫歯・神経の治療 歯周病 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 入れ歯 インプラント ホワイトニング レーザー治療
保険診療と自由診療について 歯のけがについて